top of page

アイスバーンに注意しよう

本格的な冬が訪れていますが、スリップしやすくなるため、 早朝などに車を運転するときには十分に注意する必要があります。

 さる12月7日午前6時40分ごろ、北海道苫小牧市の道央自動車道を走行していた1台の車が逆向きになり、 これを避けようとした車が道路脇ののり面に乗り上げるなど、9台の車が次々と事故に巻き込まれました。  苫小牧市では、事故が起きた早朝の気温が0度前後で、路面はブラックアイスバーンの状態だったということで、 スリップが事故の原因とみられています。  ブラックアイスバーンは、その名前のとおり黒く光った路面ですが、 見た目では雨などで濡れた路面と区別がつかないので、思わぬスリップ事故に結びつきやすくなります。  寒冷地を走行しているときに、黒く濡れた路面が出てきたらブラックアイスバーンかもしれないと思って、 スピードを落として慎重に運転しましょう。  とくに、夜間や早朝に、橋の上などの高架部分や日陰になっている部分、 トンネル出入口付近を走行するときには、細心の注意を払ってください。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page