top of page

カーブが続く下り坂ではスピードの出し過ぎに注意

 ワゴン車がガードレールにぶつかった後、中央分離帯に衝突し、後部席に乗っていた2人が車から投げ出され、重傷を負う事故がありました。 事故の現場は、片側2車線の緩やかなカーブで下り坂になっていることから、運転操作を誤ったのではないかと思われます。  長い下り坂とカーブが延々と続いているところでは、知らず知らずのうちにスピードが出てしまいますし、 右カーブや左カーブが続きますから、車をコントロールすることが難しくなります。  少しでもスピードのコントロールを誤ると、ちょっとしたハンドル操作のミスでも、 バランスを崩してガードレールや中央分離帯に衝突することになります。 長い下り坂とカーブが延々と続いている箇所では、知らず知らずのうちにスピードが出てしまいますので、 確実にスピードを落とすようにしてください。  なお、車から投げ出された後部席の2人は、おそらくシートベルトを着用していなかったと思われます。 後席でも確実にシートベルトを着用してください。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page