top of page

ギガワーカー 宅配アプリ、金利上昇が直撃


最初に端末操作一つで家に来てくれたのは配車アプリ「ウーバー」の運転手だった。 今ではビスケットや鎮痛剤を自宅に届けてくれる人たちもいる。 最短10分で日用品を配達するアプリも続々登場し、その魅力は抗しがたい。 いつでも要求に応えてくれるオンデマンド型のアプリを使えば、誰もが使用人に物を頼むぜいたくを味わえるようになった。 もっとも要望に応じてくれるのは毎回見知らぬ「使用人」で、再び顔を合わせる機会は多分ない。 ネット経由で単発の仕事を発注するギグエコノミー企業は折に触れ、このような消費者の欲求を刺激してきた。 ウーバーの初期のスローガンは「みんなのお抱え運転手」。 トルコの即時配達アプリ「ゲティル」は「怠ける権利を誰にでも」とうたう。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page