top of page

ドライブレコーダーの活用について

ドライブレコーダーとは?

 映像記録型ドライブレコーダー(以下「ドライブレコーダー」という。)とは、 車両に大きな衝撃が加わった前後十数秒の時刻、位置、前方映像、加速度、 ウィンカー操作、ブレーキ操作等を記録する車載カメラ装置のことです。  運転しているすべての時間の映像を記録するのではなく、 荒い運転をしてしまい「ヒヤッ」「ハッ」とするようないわゆる 「ヒヤリハット」を経験した場面や事故が発生した 前後十数秒の前方の映像を記録することができます。


活用のメリットについて


 記録された映像を見ることにより、運転者がヒヤリハット・交通事故を 起こしやすい運転行動を振り返って客観的に確認することができます。 これにより、運転者は自身の好ましくない運転特性を把握し、 その反省を生かして安全運転に対する意識を向上させ、交通事故に遭うことを防止できます。 また、交通事故時やヒヤリハット時の映像を基にして交通安全教育を行うこともできます


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page