top of page

バックで道路外施設に入るときには歩行者に注意

バック事故が多発しています。忙しいときには、つい後方の安全確認が甘くなりますので、注意しましょう。 住宅の敷地や駐車場などに入る場合は、出るときのことを考えてバックで入ることがよくありますが、 道路をやってくる後続車の存在などが気になり、急いで入ろうとしてしまいがちです。  また、ハンドル操作をして車を旋回させながらバックすることも多いので、車体の後方が非常に確認しずらく、 この事故のように人を見落とす危険性が高くなります。 道路外の駐車場や住宅敷地内などに入る場合は、できるだけ前進で安全確認をしながらゆっくり入るように心がけてください。  止むを得ずバックする必要がある場合は、後方の誘導をしてもらい、さらに誘導者が車の後方進路に立たないように指示して車を動かしましょう。

閲覧数:1回0件のコメント
bottom of page