top of page

他車にブレーキを踏ませていませんか

運転中、赤信号ではなくてもブレーキを踏むことは少なくありません。その多くに、他の車の行動が原因となっている場合がみられます。 たとえば、順調に走行していたところ、突然、駐車場から目の前に車が出てきてヒヤッとしたり、 無理な進路変更をされてブレーキを踏まざるを得ないといったことがあります。  事前の挙動から、出てきそうだなという予測ができる場合も多いので、あらかじめアクセルを戻していてそれほど急ブレーキにはならないのですが、 もし、こんな行動をする車がいるときに後続車がわき見でもしていたら、危ない事態に陥るでしょう。  他車にブレーキを踏ませる運転者は、駐車場から道路に流入するタイミングが強引だったり、進路変更前に後方をよく確認していなかったりして、 いずれ事故につながる危険な運転習慣を抱えて運転しています。  しかし、何とか他車が避けてくれているので事故に至らないまま、自分は安全運転者だと勘違いをしていると考えられます。 他車にブレーキを踏ませたら事故一歩手前です。相手の立場に立って自らの行動を反省する意識を持ちましょう。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page