top of page

夜間・早朝でも歩行者の存在を予測しよう

新型コロナウイルスの流行を受けて、公共交通の利用を避けるため買い物や出勤に車を利用する人は少なくない印象を受けます。  こんなとき、運転者は「歩行者はいない」と思い込み、とくに夜間などは油断しやすいことを自覚しましょう。 他人との接触を避けたいという意識が高じると、かえって、人の少ない夜中にコンビニエンスストアに 買い物に行くといった行動をとることがあります。  また、自宅待機の方が大勢いる一方で、医療機関や保健衛生施設など一部の現場はかなり忙しくなってきていて、 医師・看護師や職員の方が夜遅くまで残業し、夜中や早朝に出退勤しているという実態があります。  「こんな時勢でも、歩いている人がいるかも知れない」と想像力を高めて慎重に運転するようにしましょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page