top of page

妨害運転の施行後1年で100件摘発

「あおり運転」が妨害運転罪として厳罰化されていますが、警察庁では1年間の妨害運転の摘発状況を発表しました。 それによりますと、全国の警察が妨害運転の疑いで摘発したのは100件にのぼり、 妨害運転に起因する人身事故は23件起きていることがわかりました。 妨害運転の対象となる運転行為としては10種類ありますが、いちばん多かったのは「不要な急ブレーキ」で24件ありました。 続いて「急な車線変更」が20件、「前の車に著しく接近」が16件、 「蛇行や幅寄せといった安全運転義務違反」が16件の順になっています。  また、妨害運転罪には「交通の危険のおそれ」と「著しい交通の危険」がありますが、 より罰則の重い「著しい交通の危険」が適用されたのは29件ありました。 発表された数字だけをみると、「あおり運転」はかなり減っているようにみえますが、 実際には摘発されていないケースも相当数あるのではないかと思います。  何らかの理由で他人の運転に腹が立ったとしても、仕返しをするような妨害運転は絶対にしないようにしてください。

閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page