top of page

早朝の路面凍結に注意

暦のうえでは「立冬」を過ぎて、一段と寒さが増してきており、北国では雪がちらちらと降る季節となりました。

こうした本格的に雪が降る前の時期に気をつけたいのは、路面凍結によるスリップ事故です。  路面に雪がないと、ドライバーはついつい油断するのですが、早朝や夜間は気温が 下がって路面が凍結することがあります。  とくに、橋の上や高架部分、トンネルの出入り口付近は凍結しやすく、 夜間は気づきにくくなりますので注意しなければなりません。  早朝や夜間走行するときには、雪が降っていなくても路面が凍結していることがありますので、 急ブレーキや急ハンドルなど「急」のつく運転をせず、スピードを落として運転してください。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Yorumlar


bottom of page