top of page

時速6キロでも死亡事故に

 横断歩道を渡っていた4歳の男の子が都営バスにひかれて死亡したという事故がありました。 交差点を右折してきたバスが、横断歩道上の子どもを見落として轢過したものです。  バス会社の事故記録によると、このときのバスの走行速度は時速6キロだったということです。 時速6キロといえば、急ブレーキを踏めばいつでも止まれそうな速度です。 私達ドライバーは、このような低速度でも歩行者が死亡する危険があるということを肝に銘じておく必要があります。  横断歩道近くにいる小さな歩行者などを軽視しないで、安全を確保することが責務であると自覚しましょう。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page