top of page

消毒用アルコールの車内放置に注意

気温が上昇し日差しも強くなってきました。5月といっても直射日光が 非常に強い日が増えるので、車内温度は急上昇して、70℃を上回る恐れがあります。  最近、消防署で警戒を呼びかけているのが消毒用アルコールによる火災事故の危険性です。 新型コロナウイルスの感染予防のため、消毒用アルコールを使用する機会が増えていますが アルコールの濃度が60%以上の製品は「消防法上の危険物」に該当し、 蒸発しやすくて蒸気が引火事故を起こす危険が大きいからです。  ポンプ式のアルコール消毒器の近くでタバコを吸おうとして手に火が燃え移ってしまう映像が、 東京消防庁の啓蒙動画ページで公開されていますが、同庁では、火気を近づけるだけでなく 直射日光の当たるところに容器を置くことも危険だとしています。  車の中に消毒用アルコールを放置すると、容器の破裂や火災の危険があります。 外出時の消毒用に使用するのはいいのですが、車の中には放置しないように注意しましょう。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page