top of page

現場で迷ったら警察官に頼ることも大切です

 運転者が道路上で困難に出会ったとき、自分ひとりで解決しようとしないで、早めに警察官を呼ぶことも大切です。 あるトラックドライバーが、鉄道高架手前の高さ制限標識を見落として、高架の直前で自車が通行できない危険性に気づき、立ち往生したことがありました。  後方には渋滞車両の列ができ、追い詰められた運転者は「無理にでも行ってしまおうか」と一瞬思ったものの、鉄道事故を起こすと会社が潰れるという管理者の教えを思い出し、携帯電話で110番通報して事情を説明し助けを請いました。 すぐにパトカーが現れ、警察官が後続車を脇に寄せる交通整理をしてトラックに対してはバック誘導し、高さ制限のない安全な道路に導いてくれました。  警察官は違反キップを切らずに、高架の前で無理をせずにすぐ連絡してくれたのは良かったと言って、「標識に気をつけて行ってください」と見送ってくれたそうです。 運転中に車が通れないような場所に迷い込むとパニックに陥りますが、落ち着いて対処しましょう。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page