top of page

花粉症の方は運転時に注意を


寒さが和らぎ気温が上昇するとともに、花粉の飛散に注意すべきシーズンとなってきました。  JAF(日本自動車連盟)は、花粉症の人のくしゃみなどの症状が交通事故に つながるおそれがあるとして、ドライバーに対し注意を呼びかけています。  くしゃみで目をつぶると前方への注意がおろそかになるほか、 はずみでハンドルなどの運転操作を誤ることもあるのがその理由ということです。  症状がひどくなる前に抗アレルギー薬で治療をすすめるほか、車のなかに花粉を入れないように 乗る前に服の花粉をよくはらって、花粉が飛んでいるときには空調を「内気循環」にするなどの工夫をしましょう。  また、治療のためとはいえ眠くなる薬を運転直前に飲むのも禁物です。

閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page