top of page

落雷時は車から出ないほうが安全

これから、晴れた日でも突然の夕立や雷にあう機会が増えると思います。 雷が人体に落ちると非常に危険で、やけどや重傷を負うだけでなく命を落とすこともあります。  運動場やゴルフ場、広場などに立っていたり、高い木のすぐ近くにいると危ないと言われます。 では車の中はどうかというと、避雷針のある建物ほどではないものの、比較的雷に対して安全な場所となっています (ただし、屋根がないオープンカーは別です)。  車は設計段階で雷の被害を受けない対策をとっているため、たとえ雷が車に落ちたとしても、 電気が車体表面をつたって地面に流れる構造にあり、車体内部には電気がきません。  ただし、車体表面とつながっているドアレバーなどの金属部分があれば、まれに感電の危険があるので、ドアレバーには触れないほうが安全です。  ですから、近くで雷が鳴っているときや雷が落ちるのを目撃したときには、無理に車を出て屋内まで行かずに、 しばらく車から出ないほうが被雷の危険が少ない場合があります。  また、雷が鳴っているからといってすぐに走行を止める必要はなく、雷雨を警戒しながら速度をセーブして走行すればいいと考えられます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page