top of page

薄暮時間帯における交通事故防止

 薄暮時間帯は、例年、交通死亡事故が多く発生しています。 特に10~12月にかけて最も多く発生しており、この時間帯は周囲の視界が徐々に悪くなり、 自動車や自転車、歩行者などの発見がお互いに遅れたり、距離や速度が分かりにくくなるためです。 そのため、薄暗くなる前から前照灯を意識的に使用する「前照灯の早め点灯」を行い、 自分の車の存在を周囲に知らせるようにしましょう。  そのほか、薄暮時間帯は、昼間と比較して周囲の視界が悪くなり始め、事故が多く発生することから、 速度を落として周囲の交通の状況に一層注意して慎重な運転を心掛けましょう。   (警察庁HPより)

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page