top of page

2023.1.20 【処方薬ネット販売に参入 中小薬局と患者仲介】

米アマゾン・ドット・コムが日本で処方薬販売への参入を検討していることが分かった。 中小薬局と組み、患者がオンラインで服薬指導を受ける新たなプラットフォームをつくる方向だ。 利用者は薬局に立ち寄らずに薬の配送までネットで完結できる。 店頭販売を重視する日本の調剤薬局ビジネスの転換点となる。 複数の関係者が明らかにした。 国内で電子処方箋の運用が始まる2023年に本格的なサービス開始をめざしている。 当面はアマゾン自体が薬局を運営して直接販売するわけではなく、在庫などは持たないもようだ。 アマゾンは今後、国内の中小の薬局を中心に参画を呼びかけ、システムを提供する。 患者はオンライン診療や医療機関での対面診療を受けた後、電子処方箋を発行してもらい、アマゾンのサイト上で薬局に申し込む。 薬局は電子処方箋をもとに薬を調剤し、患者にオンラインで服薬指導する。 その後、アマゾンの配送網を使って薬局から薬を集荷し、患者の自宅や宅配ロッカーに届ける仕組みを検討している。


閲覧数:11回0件のコメント

Comentários


bottom of page