top of page

2023.4.29 アマゾン  新配達プログラムを打ち出す事情







写真館や新聞配達店、生花店など、地元店のオーナーたちが「アマゾンの配達員」になるーー。

アマゾンジャパンは12月19日から「Amazon Hub デリバリーパートナープログラム」(以下、ハブプログラム)と呼ぶ配達システムを始めた。

地元に店舗を構える中小企業のオーナーを対象にしたもので、店舗から最長2キロ圏内の配達を委託する。

「火曜日と金曜日に30個ずつ運ぶ」など、働く時間や仕事量を自由に設定できる。

店舗に荷物の保管スペースがあり、空き時間があればすぐに始められる点が売りだ。

1日平均30~50個の配達が目安になる。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentarer


bottom of page